苦にならない | 心の医者、心理カウンセラーになるには【心理探求】

心の医者、心理カウンセラーになるには【心理探求】

Education general

苦にならない

かかる費用はどれくらいだろう

行政書士の勉強法は、「独学」「通信教育」「予備校への通学」などがあります。 そして、独学のメリットとして挙げられるのは「自分のペースで勉強ができること」と「お金を使わなくてよいこと」です。 独学に必要なものは行政書士試験の「テキスト」と「問題集」だけです。 テキストはインターネットの口コミで選ぶこともできますが、他人の感覚と自分の感覚がマッチするとは限らないので、必ず書店等で自分の目で確認しましょう。 行政書士問題集は過去問が10年分記載されているものがいいでしょう。また解説が掲載されているものを選びましょう。また予想問題集なら、重要なポイントが分かり、無駄が多くなりがちな独学での勉強の助けになるでしょう。 行政書士のテキストや問題集ともに、高くても2500円ほどで購入することができます。

独学は果たしてお得なのだろうか

独学のメリットは、通信教育や予備校通いよりも金銭的なメリットがあると述べましたが、果たしてどうでしょうか。 確かに他の2つに対してはるかに安くつくことは確かですが、行政書士試験は試験範囲がとても広く、知識のない初めての方が独学で勉強するには難易度が高いと思われます。 通信教育や予備校を選択すれば、最初に金銭的な負担がかかるものの、独学より効率よく勉強できて時間の節約になるでしょう。 つまり、独学では金銭的な負担は軽いものの、合格できる確率が下がると思われるので、多少お金を使っても短期間の勉強で合格を目指す他の手段を選んだ方が、時間の損失を少なくし金銭的にも安く仕上がる可能性もあるので、独学を選択する方は、自分で最後までやり通す決意をもって臨んだ方が良いでしょう。