司法書士のお仕事は様々な書類作成と手続きにあります。 | 心の医者、心理カウンセラーになるには【心理探求】

心の医者、心理カウンセラーになるには【心理探求】

Education general

司法書士のお仕事は様々な書類作成と手続きにあります。

司法書士の仕事とは何か

司法書士とは、一般の人にかわって法務局や裁判所、賢察庁に提出するための書類を作成する仕事をする法律の専門家であり、国家資格なのです。 家の購入や会社の設立、遺産相続をする時などの法律に関わる書類の作成や提出、難しい登記の代行手続きをします。また、法律の相談業務もすることもあります。 このような司法書士になるには、司法書士試験に合格しなければなりません。 司法書士試験には、年齢、学歴の制限はなく誰でも受けることが出来ます。誰でも受けることは出来ますが、きちんと勉強をしなければ合格することはできない難しい資格なのです。 資格試験では、筆記試験と口述試験があります。口述試験は筆記試験を合格した場合に受けることになります。 合格後は、司法書士事務所で働き、実務を経験したのちに独立開業することも出来ます。

資格に合格するための勉強法とは

司法書士は法律の専門家です。民法、商法、不動産登記法が受験科目となります。 受験資格には、学歴や年齢が関係ないので誰でも受けることができることから、初心者が多く受験することも特徴です。 きちんと勉強すれば、初心者でも合格することが出来るといえます。しかし、合格するまでには、4000時間以上の勉強が必要と言われ、合格率も約3%となります。 司法書士は、法律関係の書類提出だけではなく、法律問題で悩んでいる人との様々な相談を受けることも出来ます。町の法律家としてコンサルタント業務をすることもできるのです。また、裁判事務や成年後見業務もすることができます。 行政書士を合格後にこの司法書士の資格を目指す人も多いのです。 この資格をとることで、将来に渡って法律の専門家として活躍することが出来ます。